トップページ >操作方法> ランスギルドスタイルの操作方法・おすすめコンボまとめ【モンハンクロス攻略】

モンスターハンタークロス(モンハンクロス)でのランスのギルドスタイルの操作方法・おすすめコンボ、ギルドスタイルの特徴などを解説していきます。

ランスギルドスタイルの基本的な操作方法

操作方法 アクション
X 中段突き
A 上段突き
X+A なぎ払い
R ガード
B バックステップ
Y 納刀
特殊 なし

R+X+Aで突進

R+方向キー+Xでガード前進

R+A R長押しでカウンター突き R短押しでキャンセル突き

ランスギルドスタイルコンボ一覧表

※準備中です。

ランスギルドスタイルの特殊な操作方法と特徴

R+方向キー+Xで出せるガード前進は、のけぞりが軽減され、ガード状態を維持しながら素早く前進できるほか、Xで続けて盾攻撃にもなるので、モンスターの頭を狙うことで気絶を誘発させることも出来ます。

R+Aで出せるカウンター突きとキャンセル突きは、盾を構えつつ力を溜める攻撃で、モンスターから攻撃をうけると、即反撃を行います。特にキャンセル突きはコンボに繋げやすいのでおすすめの攻撃です。

ランスギルドスタイルのおすすめコンボ・連携

攻撃位置が低い場合の基本の連携攻撃・コンボ

中段突きⅠ → 中段突きⅡ → 中段強突き → サイドステップ(左右方向)

中段強突きの後はバックステップで元の場所にとどまることも可能です。

攻撃位置が高い場合の基本の連携攻撃・コンボ

上段突きⅠ → 上段突きⅡ → 上段強突き → サイドステップ(左右方向)

上段強突きの後はバックステップで元の場所にとどまることも可能です。

ガードしながら距離を詰めながらの連携攻撃・コンボ

ガード前進 → 盾攻撃(ガード前進中) → 中段突きⅠ

ガード状態で距離を詰める連携攻撃・コンボ

キャンセル突きからの連携攻撃・コンボ

キャンセル突き → 上段突きⅡ → キャンセル突き → 上段突きⅡ

隙が少ないキャンセル突きからの連携なので、少しの隙ができた時にでもすぐに使えます。キャンセル突きではなくカウンター突き(長押し)でも上段突きへの連携は可能ですが、隙が多くなるため状況に応じて使い分けましょう。

コメントする