トップページ >体験版攻略> ナルガクルガ攻略×ハンマー/エリアルスタイル【モンハンクロス体験版】

モンハンクロス体験版のナルガクルガをハンマーとエリアルスタイルで攻略した、攻撃や回避のタイミング、変更点などをまとめてみます。

ナルガクルガは攻撃よりも回避を意識することで、攻略の難易度が下がるモンスターです。

攻撃は早いですが、回避できるものも多いので、予備動作を覚えておき、回避する方向やタイミングに注意しましょう。

隙ができることも多いので、基本的に音爆弾、罠を絡めた頭へのホームランや、ジャンプ攻撃などでこちらの攻撃チャンスを増やすと攻略しやすいです。


音爆弾を使うべきタイミングとは?


音爆弾はかがんだ時に使うと、5〜6秒ほどダウンするので攻撃のチャンス。

音爆弾からのダウン後は怒り状態になるので、怒り状態の方向をしている間に怒り状態のみ有効の落とし穴を設置すると、攻撃のチャンスを作りやすいです。

跳びかかりは脚を下げている方がポイント

ナルガクルガが厄介なのは連続跳びかかりです。

重心を低くして溜めを作るのが予備動作で、近くにいる場合は前側に出ている脚の方向に飛んで来るので、後ろにあるの脚に向かって回避すると避けることができる。

何回飛ぶかわからず厄介ではありますが、3回以上連続で跳びかかった後は、必ず威嚇して止まるので、攻撃のチャンスになります。

ため時間が長いと回数も増えるので、ためている時間は冷静に行動を見ましょう。


尻尾叩きつけは予備動作で回避が鉄則

両足を前につけ、ヒュルヒュルヒュルと尻尾を回し始めたら衝撃波を伴う尻尾の叩きつけが来ます。

前方にいると大ダメージを受けるので、音がしたら、無理に攻撃をせずに離れましょう。

叩きつけた後は尻尾が地面に食い込み2〜3秒動けなくなるので、攻撃のチャンスになるため、ヒュルヒュルヒュルと音がしたら攻撃をやめ離れてチャンスに備えます。


回転攻撃後はチャンスあり

一度体を大きく反転させ、体を回転させながら尻尾で周囲を攻撃する攻撃があり強力ですが、予備動作が大きく、当たり判定も一瞬なので落ち着いて回避しましょう。

この攻撃の後は威嚇状態になるため、確実に回避するようにすると威嚇状態に溜め3攻撃できたりする時間が増えます。

尻尾攻撃と棘の回避方法

尻尾攻撃は左右どちらか後ろにひいた方から来ますが、当たり判定が一瞬なので尻尾に向かって回避すればダメージを受けません。

低めの音でヒュルヒュルと尻尾を振り回したあとに来る、棘飛ばしは棘が飛んできたらナルガクルガに向かって前方回避で避けることが出来ます。

咆哮は攻撃のチャンス

怒り状態になる時の咆哮は首を伸びきったタイミングに合わせて、ひるまずに回避できます。

隙が多いタイミングでもあるので、ジャンプ攻撃や溜め2攻撃などを当てていきましょう。

攻撃パターン・予備動作からの回避を覚えると、ジャンプ攻撃を当てるタイミングが増え、乗り攻撃も頻発できるので、頭へのダウンや溜め3攻撃も安定していれることが出来ます。

コメントする